錨印ソース

年代の特徴がでています

「イカリ印ソース」ブランド誕生のきっかけは、日清戦争当時にまで遡り、旧イカリソースの創業者が、中国の天津で偶然、ある液体調味料を見つけ、その美味しさに感動しました。それが、イギリス製のウスターソースだったのです。
彼は中国から外国製のソースや原料のスパイスなどを日本に持ち帰り、1896(明治29)年、大阪市に食料品店「山城屋」を開業しました。イギリス人コックの指導の下、開発に着手。ウスターソースは野菜や果実を煮込み、裏ごしした後に酢や調味料・スパイスなどを加えて作り、専門家に教えてもらっても大変な作業でした。なんと194回もの試作を繰り返し、努力の末に完成させたのが「イカリソースのウスターソース」だったのです。

沿革へ戻る

イカリソース