ポリパック

ガラス瓶からポリパックに変わり全国で販売されるようになりました

発売から70年近く容器にガラス瓶を使っていた「イカリソース」ですが、流通効率の点から1964(昭和39)年に容器をポリエチレン系に変更。以降、何度かのデザイン変更を経て現在の形に至っております。

ウスターソースの味に関しては、昭和50年以降で数回リニューアルを実施。とはいえ「スパイシーで深みのある味わい」という、「イカリソース」の本質は変わっていない。ソースは消費者の嗜好性が強く出る調味料なので、そう簡単に味の傾向を変えられません。それでも、消費者の好みの変化から、ウスター特有のピリッとした辛さは徐々にマイルド化してきました。

沿革へ戻る

イカリソース