イカリソース株式会社

商品名の由来は1895(明治28)年の秋、旧イカリソースの創業者が乗り込んだ船が火事に合い、彼は自分の救命袋を妻子のいる友人に譲り、観念して海に飛び込んで、もう駄目だと諦めかけていたら、目の前に救命ランチの錨(いかり)綱が。九死に一生を得たことから、感謝の気持を忘れないよう、イカリの名を付けました。

沿革へ戻る

イカリソース